陶片窟のリンク集 その6

f0144928_9102947.jpg


川硝子・海硝子
 この世には古い素敵な瓶が山のように出てくるハケ(昔のゴミ捨て場)なんてものが実在するのです。憧れの神薬瓶もぞろぞろ・・・ううっ、一つだけ拾ったって自然に手足が舞い踊るあの神薬瓶なのに!神薬瓶の種類も豊富で、初期のものらしい八角形のタイプも見ることができます。

このガラスビン知りませんか?
 ガラス瓶好きなら憧れの神薬瓶。なんと、あの印象的な深いブルーの他に、茶色や透明のものもあったとは。神薬の味についても載っていて、ぜひ見ておきたい情報です。丹頂乳業の牛乳瓶の丹頂のマークも素敵で、私のいる広島では拾えそうもないので羨ましいです。

ちゃりきgo!go!の業務日報
 小学生2年生で海洋研究所の流したメッセージボトルを拾い、中学生の頃には漂着物を眺めるのが楽しみだったそうです。お仕事や料理、読書、旅行、美術館、日々の出来事の記事がいっぱいです。
[PR]

# by rink10hen | 2009-07-20 08:43  

陶片窟のリンク集 その5

f0144928_94835.jpg


ブルー
 ガラス瓶、メノウ、陶片、化石、こちらも私の大好きなモノばかりです。ライフワークの一つというメノウ採集、さすがコレクション写真には圧倒されました。ガラス瓶は骨董市で発掘してきたものも充実してますので、海岸では失われてしまっている紙のラベルの状態なども確認できてありがたいです。

アンドウの理科室
 陶片、ガラス瓶、メノウ、化石、古銭・・・なんだか私の好きなモノばかり出てくるのに感激しました。江戸時代の美濃の型紙摺り陶片なんてものも拾っておられます。陶片情報としても楽しみです。

昭和の昭ちゃん的こころ2
 昭和の昭ちゃん的こころ 北九州の海岸で出会った漂着物や化石の採集記録。化石は特に見ごたえがあります。今でもツメタガイの食べた丸い穴のある貝殻は海岸でおなじみですが、それと同じ痕やフジツボなど付着物が付いた貝化石など、地味ですが、面白い化石を見ることができます。小学生のために、本物の化石に触れることのできる素晴らしい夏期講座をされた記事もおもしろいです。こんな授業をもっとたくさんの子ども達が経験できればと思います。最近は陶片にも関心を持たれ、陶片情報も増えてきました。同居の猫さん、ウサギさんの記事も可愛くて必見です。

材木座海産貝類
 鎌倉市材木座海岸に打ち上げられる貝と漂着物のサイトです。私も歩いたことのある材木座海岸から、これほどたくさんの貝が拾えるとは驚きでした。半端な量ではありません。しかも種類ごとに写真と丁寧な説明があり、レア度まで載っていますので、貝の知識のない人でも、このサイトさえあれば、拾った貝をより楽しむことができそうです。他の海岸でビーチコーミングをする時にもとても参考になります。漂着物美術館のページには、アサリの模様だけを集めたものや、陶製人形、古いガラス瓶のコレクションもあります。一日かけてじっくり巡る博物館の趣があるサイトです。打ち上げ採集日記・ブログ版もおもしろそうです。

さらく日和
 「さらく」とは鹿児島弁で歩き回るという意味だそうです。陶片、ガラス瓶、貝殻、素敵なビーチコーミングのブログですが、鹿児島県、指宿の素晴らしい陶片海岸の情報が載っていました。拾われた陶片の集合写真は特におもしろいです。江戸時代から昭和にいたるまで、バランスよく出ていて、日本全国にたくさんあるに違いない陶片海岸の典型ではないかと思います。これまで顧みられることの無かったこのタイプの陶片海岸がぞくぞく発見されることを夢見ている私には、胸のドキドキするような記事でした。
[PR]

# by rink10hen | 2007-08-03 09:26  

陶片窟のリンク集 その4

f0144928_7443981.jpg

石垣島海辺com
 石垣島を中心とした、八重山諸島の観光、食事、お土産、生活、移住情報のサイト。風景、生物、季節の風物詩の紹介です。漂着物のコーナーもあり、ビーチコーマーの憧れ、オウムガイが幾つも拾われています。これはとても羨ましいです。お土産として売られているピカピカのオウムガイと違い、漂着オウムガイはやはり風格があります。

海が大好き!~海遊び・趣味・ペット・健康のサイト~
 釣り、船、海中散策、潮干狩り、サーフィンなど、いろいろな海遊びについて書かれた楽しいサイト。海はいいなと改めて思います。熱帯魚やペットの飼育、健康、スポーツなども。

海とサーフィンのとびら
 「海とサーフィンに対する“とびら”を開けるお役に立てたらと思っています」とのことです。今年の漂着物学会の会場である種子島の情報も載っています。なんでもサーフポイントにはゴミがほとんど落ちていないとか・・・地元のサーファーさん達が清掃しておられるそうです。と、言うことは・・・今年の大会のビーチコーミング、サーフポイント以外が狙い目?(^^ゞ

ウキウキ・浜歩き・山歩き
 北海道の自然とビーチコーミングを堪能できます。なかでも浮子は圧巻です。怒涛のようなガラス浮子。漁に使われた道具なのですが、美しいですね。地域により拾える漂着物は違ってくるものですが、2006年の漂着物学会大会で北海道を訪れて以来、北海道ならではの漂着物に関心が強くなりました。北海道はガラス浮子の宝庫で、信じられないほどの量が出てきます。ガラス浮子はたくさん見ることで、その美しさ、おもしろさ、魅力がわかってきます。

まっちゃん4649のビーチコーミング入門
 こちらは鎌倉の海岸とビーチコーミングを堪能できます。何回か歩いたことのある場所なので、ちょっと手を伸ばして拾いたいような気がします。最近は動画もあり、朝の材木座海岸なんてのもあります。おお~っ、材木座!中国陶磁や古瀬戸だらけの宝の山海岸!ビーチコーマー達が歩いています。あっ、拾った!(^^ゞ 場所柄、陶片情報も多いです。
[PR]

# by rink10hen | 2007-08-03 08:23  

陶片窟のリンク集 その3

f0144928_7512571.jpg

りっぷるりんぐ
 ウニの口の部分をアリストテレスのちょうちんと呼ぶそうです。棘皮動物の破片って、よく見るとおもしろい形をしています。全体を見る、部分を見る、じっと見る・・・するとこんなにも美しかったり、楽しかったりするのですね。ブログりっぷるりんぐ絵にっき桂花日記などもお勧めです。

STARDUST BOX
 北海道の美しい自然や海の写真、ガラス浮子(浮き玉放浪記)、ガラスや漂着物を使った美しいクラフトは必見です。散文も素敵です。葉っぱの上の水滴や、大切に集めたビーチグラスや貝や小石をそっと撒いたような、透明感のある世界です。

海山歩記
 海や山で出会う動植物や、海岸の漂着物など、神奈川県南部の自然に関するおもしろい情報がたくさんあります。外に出て野山や海を歩きたくなります。ブログhiroimonoには陶片情報や古いガラス瓶の情報も多いです。保存状態の良い陶片が多く、私も思わず羨ましくなるような珍しいものもあります。戦時中の陶製手榴弾容器に活けた菜の花、知らなければ小さな一輪挿しに見えます。

東紀州ほっとネットワークくまどこ
 三重県東紀州8市町村を繋ぐ地域ポータルサイト。ビーチコーミングの情報もけっこうありますが、全体の情報量が多いのでサイト内の検索を使うと便利です。Let’sビーチコーミング~東紀州の浜辺でお宝大発見!~というコーナーもあります。

わが街へようこそ!
 全国の「駅」「街」をテーマにしたリンク集。日本中の路線、駅ごとにページを作成するという発想がおもしろいです。いろいろな可能性を秘めたサイトだと思います。
[PR]

# by rink10hen | 2007-08-02 20:44  

陶片窟のリンク集 その2

f0144928_2142435.jpg

クリーンアップ全国事務局(JEAN)
 海岸のゴミのデータを取りながら拾うという方法で、環境問題と取り組んでおられます。数字になって現れた海のゴミから、日本の海岸が見えてきます。漂着物に惹かれて海岸を歩くと必ず出会う、日本の海岸の厳しい現実。一度ここを訪れてみてください。

Beachcomber’s Logbook
 あらゆる漂着物をおもしろい切り口で取り上げていて、その知識のすごいこと。見慣れた漂着物も、その一部分だけをクローズアップしてみると、新鮮な驚きと出会います。短い漂着物エッセーとしても楽しく、膨大な記事全体は漂着物事典としても役立ちそうです。写真も美しくて、漂着物の見たい部分を思う存分見せてくれます。陶片の情報もけっこう多く、詳しいです。「日長崎」という干潟の陶片を扱ったブログも新しくできました。浮子の専門ブログ、プカプカ通信web版も必見です。

時のかけら~統制陶器~
 戦時中、陶磁器は産地を示す記号と窯元の番号を付けて出荷されました。それらの茶碗や皿や、いろいろな生活用品を作者は収集、研究しておられます。統制番号入り陶磁器は「陶片窟」でも少しだけ取り上げていますが、これほど詳しいサイトは他にないと思います。身近なお茶碗にまで及んだ太平洋戦争の貴重な記録です。

HARMONiA 寮美千子ホームページ ハルモニア
 作家 寮美千子さんのHPです。ここは小さな宇宙です。一人の作家の精神世界に入り込むようなおもしろさがあります。私が好きな絵本「イオマンテ」の制作過程をほんの少し覗くことができます。時々訪れては探検したくなる場所です。

PISW
 広島在住のPISWさんの海の写真に感動しました。そう、広島の海ってこうなのよね。うん、うん、わかる、わかる・・・と、一人で納得しちゃいます。そうなんです。「陶片窟」のふるさと、広島の海はこんな海です。襖の張り替えの時に出てきた古い新聞のコーナーもおもしろいです。
[PR]

# by rink10hen | 2007-08-02 17:46